【埋没毛】毛抜きで脇脱毛は肌を痛めてしまうから絶対やめたほうがいい

私は脇脱毛を毛抜きで行っていました。
脇が見られるのは夏のあいだだけですし、脱毛にかけるお金がもったいないと思っていたので中学生の頃から毛抜きを使った脇脱毛をしていましたが、夏の間だけ脱毛を行うとはいっても肌へのダメージがあるのは間違いなく、20歳半ば頃から脇の毛穴がぽつぽつと浮いているように見え始めました。
そして、脇に埋没毛が頻発しはじめたのを見てこれはまずいと感じて毛抜きで行う脱毛のリスクに気付きました。
埋没してしまうと、その毛が伸びて皮膚から出てくるまで下手をすれば数か月はかかりましたし、自分で皮膚を破って毛を処理すると他の部分を傷付けて流血してしまうということもありました。

脇に生えるムダ毛は手足のムダ毛に比べると太さや、引き抜いた時の感じもあってついつい自分で抜くのが面白く感じてしまっていましたが、自分で行う脱毛を続けているともっと脇の状態がひどくなってしまうのではと思い、今は自分で毛抜きを使っての脱毛は止めています。
お金と時間はかかりますが、サロンなどに通って脱毛を行うほうが肌には良いと思います。
ぽつぽつと浮いた毛穴は鳥肌のようで気になります。
今は、週に何度も毛抜きで肌を痛めるのは絶対によくないと感じています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

自己処理のリスク
面倒なムダ毛処理をずっとやるか、それともプロに任せてしまうか

むだ毛処理は本当にめんどくさいですし、生きている限り一生付き合う物だと思います。 永久脱毛などには怖 …